スーツ 女性語ります。

レディーススーツといっても、メンズスーツと同様、その種類はいろいろです。

女性の就職活動に必須のリクルートスーツや、 毎日の通勤で着るビジネススーツがあります。

女性がスーツを選ぶのに大切なことは、この2つだと思います。

・サイズ

・好み

以上です。

私は仕事柄、ほとんどスーツはほとんどビジネススーツですので、 主にビジネス用のスーツのお話をしたいと思います。


スーツのサイズ


スーツに限らずいろんな服にいえることですが、身体にぴったり フィットしていることが大切です。

とはいっても、ぴちぴちでラインが見苦しいほど見えるよりは、すっきりぴかぴか(新しい)と見せる範囲位のほうが、ビジネススーツとしては良いと思います。

女性をアピールᣥ
;するのは、他のところが好ましいでしょう。

ことに肩幅や厚さバストのフィット感とウエストの絞り、それとヒップ、これらがしっかりフィットしていて、なおかつバランスがい いのが、女性にとっていいスーツです。

あなたにとっていいスーツともいえますね。

そうすると、ブランドスーツというよりは、こだわりなしで自分に合ったものを選ぶというのも大切です。私は好みがいいですけどね^^;


スーツの好み


好みの話が出ましたので、好みの問題を述べます。

いくらボディラインがいいといっても、、肩幅や厚さバストのフィット感とウエストの絞り、それとヒップをいい加減に考えると、フィットしていないし、たるみやしわが出て、 ちぐはぐな印象を与えてしまいます。


これはビジネススーツとしては致命的がく〜(落胆した顔)ともいえると思います。


好みは非常に大切ですけど(毎日着ますからね)、ここのところを取り違えると、大変なことになるでしょう。


それをしっかりと踏まえたうえで、スーツの色や柄、形などの好みに走ってください。


ちなみに、就職活動のときは、紺またはグレー、柄物より無地がいいでしょう。すこし明るい色(特に青系)は、顔色が悪くがく〜(落胆した顔)見えたりするそうです。

もうひとつ、私は好みがありますけど、流行は決して追いません。なぜなら、ビジネススーツだからです。

ちょっとかっこつけていうと、仕事のときに流行を全面的に持ち込むのは嫌いなんです。

取り入れるとしてもボタンの数など、地味な程度です。

あくまで、ベースがあり、そのアレンジで楽しむ種類のファッションだと思っています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。